2010年06月27日

涙が…

こんばんは。
今、家で「親が死ぬまでにやっておきたい55のこと」というTVを見ています。

時間があるなら、見てみて下さい。
感動します。涙がとまりません。

僕は親元を離れて生活する時間が長くなってきましたが、最初は親がいなくて楽だと思っていましたが…石川県に来て3年目。日に日に親への感謝の気持ちが強くなっていきます。
近くにいないからこそ、色んなことをしたくなり、近くにいないからこそ、親のことを考える時間が増えていきました。

何でこんな考えになってきたかと言うと、ブラジル人の影響もあります。彼らは本当に家族を大切にする。
家族の悪口は絶対に言わないし、親のことを喜んで話す。
さらに常に感謝してるんです。
最近の日本人の家族関係のニュースや、日本の家族の親と子どもの言葉とかを聞いていても、大きく違う。

こういった素晴らしい文化は、見習いたい。
こういったことを教えてくれたブラジル人の友達ができたことにも感謝したい。

今まで以上に家族を大切にしていきたいと思います。
ありがとう♪

ate logo



Posted by GKシンスケ at 21:46│Comments(2)
この記事へのコメント
そうやって大人になってもいろんな事を学べるんだと思う。 自分は 親元を離れた時 結婚した時 子供が出来た時 人生の起点で親のありがたみってのが凄く感じたよ。 
Posted by けい at 2010年06月28日 20:13
けいさんありがとうございます。

そうですね。
まだまだ、大人として成長できるのは僕の喜びです。

僕は、まだ結婚も子どももないので、そのときになったら、どう感じるか楽しみです。
Posted by GKシンスケ at 2010年06月28日 21:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。