2010年04月12日

vs大原学園



開幕戦の感想・・・開幕戦・さらに新加入選手のほとんどは初めての社会人リーグ挑戦ということもあり、心配したが・・・そんな心配をよそにみんなは入りから集中していて、いいリズムで試合に入ることが出来ていた。
強風とグラウンドコンディションの関係もあり、シンプルに縦に長いボールをいれていった。そこで得たCKで8番・新田の精度の高いパスが7番・新加入エベルトンの頭にドンピシャで合って2010シーズン初ゴール!!!
前半は風上ということと、相手の守備ラインのやりかたから裏へのボールが効果的でチャンスになる回数が多かったし、リズムをつくれていたので、シンプルなやり方を続けた。
中盤の選手は運動量が多く、ボールに触る機会が少ないので消化不良になるやり方だが、仕方がない・・・あのグラウンドで短いパスを繋いでいくのは簡単ではないし、パスミスが増えてリズムが悪くなる可能性もあったからだ。
それに、チャンスの多いやり方を、あえて変える必要はないからだ。
ただ・・・これが、チャンスに繋がらなくなってきたら、やり方を変えなきゃいけないけど・・・。

しかし、先制した後にあった何度かのチャンスを決められずに徐々に相手の攻める時間が長くなってくる・・・その時間帯で中盤のエリアから取られたファールで相手のFK。
自分たちから見て、右サイドからのFK・・・この日一番注意していた相手の長身FW9番にニアサイドの位置で打点の高いヘディングであわされて失点・・・。
この失点は実際、キックも精度が高く、ヘッドも一番高い位置で合わされてしまった・・・原因としては高さのある選手に対して素直に勝負してしまったことと、あえてニアにスペースを空けているのに気づいていたのに選手を一人立たせるだけのケアにしてしまったこと。このとき、ゴールズの選手は9番一人に対して3人競っていたのにやられてしまった・・・これは9番の高さを褒めるべきだと思う。
俺個人としては、クロスボールへの対応は厳しかったので、ヘディングに対しての対応をした・・・しかし、反応はしていたが触れずに失点。シュートスピードも速く、コースも厳しかったが、防いでいれば流れが大きく変わる局面だっただけに凌ぎたかった・・・。

しかし、ゴールズとしては失点直後に崩れることもなくプレーしていたことは、すごくいいことだった。
去年は失点後に崩れてしまう傾向があったからだ。

後半は風下になったが、相手の守備陣が前半の修正ができていなかったので前半のやり方を持続させた。中盤の選手は前半同様に難しい状況になってしまうが、我慢してチームの為に良く対応してくれたと思う。この自己犠牲の精神もチームの大きな成長だと感じた。
後半は攻め込む時間帯が長くチャンスも何度もあったが、最後の精度のところでゴールに繋がらなかった・・・。これは普段から、意識してシュート練習するしかない。精度を上げるには、反復練習しかないからね。

守備はカウンターとセットプレーだけ気を配る状態が続いたが集中し、体を張ってプレーし続けてくれた。あの集中力を持続させれば、そうそう簡単な失点はしないと思う。
個人的にはCKとクロスボールの対応は良かったと思う。風があり変化があるボールに対して何度か積極的に飛び出して、パンチングでピンチを防げたし、キャッチしてからのパントキックでカウンターのチャンスをつくることも出来た。
これは続けていき、さらに高めていきたい。

結果として負けなかったのは大事・・・緒戦の入りでシーズンの大半を無駄にしてしまうこともあるから・・・現実今までも経験あるし・・・。
OFは最後まで走り切れていたし、ゴールも狙い続けていた。DFも今日のゲームキャプテンを務めた10番・須貝を中心に最後まで集中を切らすことなく、体を張りプレーしていた。

課題は決めるべきときに決めて、流れを掴んでしまいゲームを決めること!
失点はしない0にこだわる!

これから、まだまだ成長できるし次のホーム開幕戦には、もっとイイゲームを見せたいと思う!

出場選手・・・全て右から
GK:吉岡
DF:ルベンス・エベルトン・須貝(C)・相川
MF:桧・新田・室橋・堀
FW:佐藤・高崎

リザーブ:小原

次節も皆さんの熱い応援を宜しくお願いします!
そして、一人でも多くの方に試合を見ていただきたいです!家族と、友達と、もちろんお一人でも!皆さんと会場で一つになり、勝利を目指したいと思います!!!
是非、会場に来て下さいface02

ate logo

  

Posted by GKシンスケ at 02:52Comments(2)